まいにち
遠くにいる人や近くにいる人に、まいにち「こんにちは」。
プロフィール

scoyau

Author:scoyau
2008年長男Z出産
2010年次男HAL出産
二児の母(初心者)です
趣味は洗濯と洋裁
おいしいものが大好きです
時々歌います
徒然に日々を想います
どうぞよろしく

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
猫温度計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.11.19_01:02
最近読んだもので印象的な本2冊


川上弘美「どこから行っても遠い町」

若い頃は物語の主役はいつも自分で、
ドラマチックな出来事は若いものにしか起こらない、と思っていた。

けれど、年齢を重ねるにつけ、
平凡な日常の見慣れた街角の片隅にこそ、
涙する人情や、語られない熱い思い、
重なりあう優しさ、渦巻く感情などがどうも潜んでいるな、
ということが分かってきた。

夫婦の間に横たわる倦怠と愛情
夫婦にしかわからないもの

いびつなようで案外バランスがとれている様々な友情

人目を忍ばざるをえない若くはない恋

そんなものがあわあわとした人間関係の、
細い糸をたどりながら語られていく本だった。

どこかでであったような、あるいは明日の私の、物語。



よしもとばなな「どんぐり姉妹」

物語の全容よりもお姉ちゃんのキャラクターにぐぐっときた。
ものすごく共感できる感性だった。

細かくは覚えてないんだけれど、
「恋愛の始まりが一番好き、もうそこだけでいい」
というようなことを、語るくだりが特に好きだった。




スポンサーサイト

2011.08.03_00:47
友人のすすめで、映画「ディアドクター」を観る。
鶴瓶が主演の邦画。

素晴らしかった!!!!
久しぶりに胸の真ん中が熱くなっちゃいました!

脚本もすごいし、見せ方もうまいし、役者も光っていた。

最近多いけどアニメとか漫画の焼きなおしのぐずぐず映画とは雲泥の差。
「映画」見ました。

余貴美子さんよかった!
大好きな女優さんだけど、とってもよかった。
語らないことで語る演技、素晴らしかった。

ラストも女性監督らしい優しさかな、と思いました。

笑いきらない鶴瓶っていうのもすごくよかった。

一見の価値ありです。
おすすめの映画。

今さらだけど(笑)



51hd0i9YP8LS.jpg


男と女だったから、かさなりあうそれは恋心にとても似ていたし、
ひょっとしたら、どこかの一瞬では(あるいは幾度かの瞬間で?)、
「運命の恋かもしれない」と思ったこともあったのかもしれない。

二人の間に横たわっていた共通言語は「音楽」。

メロディーを重ねあうことは、唇や体を重ねることに、
少し似ているのかもしれない。

あれは、恋だったのか?
よく似てたけれど。

確かに、心が重なりあった濃密な時間があって、
出会う前と出会った後の二人は、少しだけ違う人。

「once ダブリンの街角で」



2008.12.30_17:26
amazing-black-white-photography-of-women04_20081230172525.jpg


20081229120_20081230172032.jpg


7-awesome-beautiful-woman04_20081230172256.jpg


20081229173s_20081230172430.jpg


20081229124s_20081230171755.jpg


20081229153s.jpg


なんだかどきどきしたもの。
女の人の「カタチ」って「キレイ」。

写真はここから。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。