まいにち
遠くにいる人や近くにいる人に、まいにち「こんにちは」。
プロフィール

scoyau

Author:scoyau
2008年長男Z出産
2010年次男HAL出産
二児の母(初心者)です
趣味は洗濯と洋裁
おいしいものが大好きです
時々歌います
徒然に日々を想います
どうぞよろしく

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
猫温度計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.27_14:21
齢30ですが、人生体験してないことってまだまだたくさんありますね。

という訳で、身軽なうちにできること!と思って、
いまだ足を踏み入れたことのなかった宝塚ワールドへ突入してきました!!!

poster_20080827141512.jpg
演目は、星組さんの「スカーレット・ピンパーネル」。

物語は・・・
「スカーレット・ピンパーネル(紅はこべ)」は、フランス革命の最中、革命政府に捕らえられた貴族達を救い出す、イギリスの秘密結社。その首領パーシー・ブレイクニーと、革命政府全権大使として組織の壊滅に乗り出したショーヴランとのかけひきを、パーシーの妻マルグリートを交えた三人の愛憎を絡ませながら描き出した作品です(解説より抜粋)。

というものなんだけど、正直ストーリーはどうでもよくって(たぶん 笑)、とにかく歌う!歌う!歌う!ほとんど歌劇って感じでした。

男役トップの安蘭けい様がいい声で歌ってらっしゃった。
お芝居を見ている時は、全員女性っていうのはあんまり気にならなかったな。

たっだ~し、全編3時間のステージ(うち30分休憩あり)の、最後の30分は、歌と踊りのショーなんだけど、その中に男役さんと女役さんのトップさんが、二人で踊るペアダンスっていうのがあるんだけど、
そのセクシーさいうか、エロさを見せ付けられたときは、「いや~っていうか、二人とも女性なんだよね・・・」ってなぜかしみじみと思ってしまった。

宝塚を観るにあたっては、男女がどうのってあんまり考えちゃいけないのかも・・・
でもね、凡人のあたくしにはど~もそこが気になって(←つまりあまりのめり込めてない 笑)

グッズ売場は女性の香りに溢れ(だって、売り子さんもお客さんも98%女性なんだもん)。
で待ちをするファンの人々のマナーのよさは壮観。
まさに、The・私の知らない世界でしたのよ。

ente02.jpg
どっちかっていうと、ラインダンスにまざりたかった(笑)

2008084-2.jpg
勝手にツーショット。

追記:結構お年をめした男性客が全体の1~2割くらい居たのが印象的でした。


スポンサーサイト

2008.08.16_22:47
先日1ヶ月ぶりに妊婦検診に行ってきた。

ついに、ダーリンが診察室に入ることを許された日。
記念すべき父と子の初めてのご対面の日であり、
うまくいったら、性別が分かるかも!の日でもあった。

ブルルっと車にのって、病院へ。
いよいよ診察へ。
私だけ先に入って、赤ん坊ちゃんの心音チェック。
その後、腹を出して、ベッドに横たわっていると、
ダーリンも診察室へ呼ばれる。

初めての診察室にはしゃぐダーリンは、助産婦さんに笑われていた・・・

待つこと20分くらい。
ようやくお医者さん登場。
ダーリンの目の前で容赦なくパンツをさらにずり下げられる。
「夫の目の前でやめてください・・・(心の声)」
そして、いよいよエコーへ!!!

にゅるにゅるにされた腹に、
ぐりぐりと機械をあててみていく。
赤ん坊ちゃんは相変わらず元気そう。

そして、いよいよ問題の股間付近へ!!!
誰かの股間をこんなに見たいと思ったのは生まれて初めて(笑)
どうも、足をクロスしているようで、はっきりと股間が見えない!
昨日、風呂場であんなに説得したのに・・・
「明日は股間を見せておくれよ、ハニー」って。
ちっ。

でも、ぐりぐりみてもおちんちんはもちろん、下玉も見当たらず、
ぷりぷりとお尻だけが見えている。
お医者さんも、食い入るようにみていた私たち夫婦も、
なんとなく、こりゃ女の子だな、ということで一致。

という訳で、まだ、正確にはわかっていないけど、
腹の子は今のところ女の子らしい。

たぶん。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。