まいにち
遠くにいる人や近くにいる人に、まいにち「こんにちは」。
プロフィール

scoyau

Author:scoyau
2008年長男Z出産
2010年次男HAL出産
二児の母(初心者)です
趣味は洗濯と洋裁
おいしいものが大好きです
時々歌います
徒然に日々を想います
どうぞよろしく

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
猫温度計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.11.19_01:26

実家に帰ったら、幼なじみとそのお母さんに遭遇。

こちらは二人の息子を連れており、
あちらは末の女の子を連れていた。


久しぶりー!のあいさつもそこそこに笑いだす幼なじみ親子。
なになに?と聞いてみれば私たち3人がそっくりで、子供たちが小さい頃の私とおんなじ顔だ!って


そりゃ、わたくしがお腹を痛めて生んだ子ですし!


っていうか、あなたたちだって三世代でおんなじ顔してるじゃん!


とお互いに指差しあってひとしきり笑ったある日の昼下がり。


2011.11.19_01:15


先日、長男Zがお友だちに「これは弟のはーちゃんです」と紹介しているのを聞いて、「へー、弟って認識してるんだー」といたく感心してしまった。

おやつも「お兄ちゃんと一緒に食べるよ、おいで」と誘ってくれたり


お風呂に入るときも、うんちがついていたりすると私が入る前にシャワーで洗い流してくれる。


もうすぐ3歳。
ずいぶん大人になったなー



2011.11.19_01:02
最近読んだもので印象的な本2冊


川上弘美「どこから行っても遠い町」

若い頃は物語の主役はいつも自分で、
ドラマチックな出来事は若いものにしか起こらない、と思っていた。

けれど、年齢を重ねるにつけ、
平凡な日常の見慣れた街角の片隅にこそ、
涙する人情や、語られない熱い思い、
重なりあう優しさ、渦巻く感情などがどうも潜んでいるな、
ということが分かってきた。

夫婦の間に横たわる倦怠と愛情
夫婦にしかわからないもの

いびつなようで案外バランスがとれている様々な友情

人目を忍ばざるをえない若くはない恋

そんなものがあわあわとした人間関係の、
細い糸をたどりながら語られていく本だった。

どこかでであったような、あるいは明日の私の、物語。



よしもとばなな「どんぐり姉妹」

物語の全容よりもお姉ちゃんのキャラクターにぐぐっときた。
ものすごく共感できる感性だった。

細かくは覚えてないんだけれど、
「恋愛の始まりが一番好き、もうそこだけでいい」
というようなことを、語るくだりが特に好きだった。





2011.09.30_01:09
この間実家に帰ったら、母が「さびょう」を探していた。

「さびょうなんて今どき言わないよ、若い人は知らないよ」と注意して、「そうよねー」と母も笑っておりました。

その事を思い出して若くはない夫に話したら、夫は「さびょう」を知らない?!

なにー???!!!

調べてみたら北海道の方言であることが判明。
そう、家の母は北海道出身。
ちなみに父は九州出身。
ゆえに私が標準語だと思い込んでいる言葉が方言であることの可能性は未だに高し・・・

しかも生粋の関東っ子である夫は、私の実家での会話でたまに意味がわからず小首をかしげていることがあるとここに来てカミングアウト!!!

なんだよー

「さびょう」は「絆創膏」のこと。
そんなことも知らないなんて!!!

2011.09.30_00:57


生まれて初めて髪を切ったはーちゃん。
なんだかすっかり男の子っぽくなりました。

切った毛は筆にしてもらいます。

子供が生まれるまでは、「髪の毛筆にしてどうすんじゃい?」 と思ってましたが、今となってはお腹の中で作られた子供の最初の髪の毛かと思うとなんだかもったいなくて、愛しくて(笑)

兄弟とも筆にして残してます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。